思ったことを記して行きたいと思います。コメントが多いと嬉しいです。お気軽にどうぞ。
by robano-ana
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お気に入りブログ
独りでいと。
拝啓 旦那様
ナニモナイケド
 下衆牢愚
ラグドールmoumou+...
きょうのわたくし
ブログ安三(ヤンツー)
魁!腹筋塾!
-Sun&Moon Blog-
すみやのひとり言・・・
あぁ、新婚生活
猫パンチドランカー
3×3  ~3匹と3人の生活~
ルーマニアへ行こう! L...
くま夫婦 by中央ヤンボル
*レンタルボックスまるや...
がんばる猫
スタジオハルク 跡地
TAM'S Stitch...
夢の猫ふうせん
胡桃の椅子       ...
奥様よりちょときれい! ...
続・まりおの部屋
ジーナにまたたび
おまけ猫たちとの日常
愛しいネコ・愛しいヒト
祈りよ届け 願いよ叶え
hand works.雑記帳
petit clos プ...
ANOTHER DAY,...
モロッコで猫三昧
au bon gout/...
新編・札幌日和下駄
うれしいの素
早起き・・・なのに午前様
時間と風景の中で
スタンプづくり ...
猫じゃないかも
典型的なB型社長日記“バ...
Lokinikki ~フ...
布箱マルシェ
White Vanilla
White Pigeon...
兵庫のおじさん 愛のブラ...
CROSS SKETCH
活版工房
つまみ細工鶫屋(つぐみや...
ベランダ砂漠園芸
kukka tatting
ombre et lum...
第15回北欧の刺繍スコー...
ICIRI・PICIRI...
My style ハンドメイド
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
楽しい?
♪ お気に入り ♪
カテゴリ
全体

雑記
手の物
映像
動物
スポーツ
タグ
ライフログ





以前の記事
2012年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ペット戦争だ!
from 魁!腹筋塾!
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
from スタジオハルク
貴婦人のように
from ナニモナイケド
ANA
from いま話題の検索語とは?
寒い冬の夜には
from Long after Mid..
『くま夫婦』書店オフ
from べくとる
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイド
猫
画像一覧

タグ:料理 ( 13 ) タグの人気記事

なれないことはあとからきたり

進んでるかな。
c0102374_220293.jpg
c0102374_2202418.jpg
c0102374_2205140.jpg
キツネのシルエットが見えて来ましたね。
で、まだ、キツネの色を選んでいないのだよね・・・これがまた、悩むのだよね・・・

どこもこんなかんじかなぁ?
[PR]
by robano-ana | 2009-04-24 03:11 | 雑記

そうあまいもんじゃないさ

灯油キュッポンの正式名称は、

灯油ポンプ

でした。

あれ?
あれれ?
なんかこう、もっと、パンチの効いた名前だと思ったんだけどなぁ。

ま、まぁ、ネタになったから驢馬的にはアリですけどね。今までどおり、灯油キュッポンで行きますよ。
石油ストーブも元気に働いてくれてますしね。

で、討究ストアで苺が美味しそうだったんで1パックお買い上げ。
で、帰ってきてから、昨日来ていた妹からの荷物を配送してもらったら、立派な苺が2パック!
そんなぁ~~

残念ながら、一晩経った苺は少しがっかり状態に。もったいないので、傷んだところを取り除いて荒くきざんで砂糖煮に。レモン汁は入れず、煮詰めてもいないので濃度はほとんどなし。
香りもいいし、苺のおいしい味がみっちりだ。ホイップした生クリームと合わせたら、さぞかし美味かろう。最近聞くようになった、“コンフィチュール”とは、このようなものなのだろうか?
誰か、ロールケーキのスポンジを焼いてくれんかのぅ。


妹からの苺を食べてから、討究ストアの苺を食べたら、味気なくって少しがっかり。
小さくって酸味の立った苺だから、本当はこちらの方が加工向きなのだ。
苺といえば、やっすい苺ジャムを買ったら、水あめがたっぷり入っていてべたべたしててこちらもなかなか減らないのだ。
バターと練り練りしたら少しは早く減るだろうか。
食べる事に追われるのも、なかなかにしんどい物があるのだ。


灯油キュッポンは落ちなかったなぁ、と思いつつこの記事を書き上げて投稿しようと思ったら、
コンセントが抜けて落ちましたよ!
こんなオチはつけなくてもいいよ・・・と思った午前3時35分。
[PR]
by robano-ana | 2009-02-27 04:04 | 雑記

こいつもか!

猫砂を飼いに投球ストアへ行ったら、灯油キュッポンが¥100でした。

猫砂と晩飯材料を買ったら荷物が一杯になったので、灯油キュッポンは明日、買いに行くつもりです。

って事で、灯油キュッポンの正式名称は明日、判明する予定です。

最近、あまりにも料理をしないので、相方が帰ってきてもろくな晩飯になりません。どうも、自分のためだけに料理をする、という気にならないし、「作ったって、どうせ、出来合いおかずの方が美味いんだ・・・」という無力感も手伝ってそうさせるのですが、あまりにもあんまり。って事で、作らないと腐ってもったいない、という食材を購入。
低体温の改善にも蛋白質は欠かせないらしいです。

で、今日の晩飯はなんちゃって牡蠣鍋。
白菜を蒸し煮したところへ豆腐と水と煮干オカカ粉をふりかけ、一煮立ちしたら塩で洗った牡蠣を投入。
牡蠣が煮えすぎないところで火を止めて、醤油を一垂らし。

なんとなくそのまま食したが柚子ポン酢を少し入れても良かった。

でも、牡蠣は塩洗いをしてすぐをつまみ食いするのが一番美味しい気がする・・・
小さくて形の崩れたのがサイコー
実家から送られた「たら子の醤油漬け」も早く食べないと逝ってしまう。気持ちは焦るし、美味いがなかなか減らないのだな、これが。
飯のおかずにサイコー って事はショッパイのだよ。
[PR]
by robano-ana | 2009-02-26 01:41 | 雑記

どうしてこうなるの

相方が貰ってきた酒粕で、王道、甘酒を作りましたよ。
これが、
美ー味ーいーぞー!
何処かの造り酒屋さんから来た酒粕なのだが、普段、店で買える酒かすで作る甘酒とははっきり、一線を画す美味さ。
一言言うと、すっきり。
飲んでいる最中も、飲み終わった後味もすっきり。
酒粕でこんなにも味が違うなんて、思いもしなかった。

ただ。

これも二度目が無いんだな。

粕汁にしたのはもったいなかったかも・・・・・

しょぼんぬ・・・・・・
[PR]
by robano-ana | 2009-02-11 04:02 | 雑記

おれはいないものとおもってくれたまへ

今日の晩飯は鍋。

起きたら相方は出かけていて、夕方になっても帰って来ない。
家で晩飯を食べるものやら、食べないものやら、とりあえず買い物をして帰ってきたら、いた!

喫茶店へ行ったら思いの他マスターと話が弾んで、ずーーーーーっと喋っていたそうな。おまけに、他のお客さんから貰った酒かすまで横流しおすそ分けして貰って来た。
この喫茶店、紅茶専門店としては草分け的存在な筈で、茶葉の種類は・・・・・・とにかく多い。驢馬夫婦にとっては思い出のお店で、頻繁に行くわけではないが行くと何がしかのネタは仕入れて来られる貴重なお店だ。

オレンジ・ペコ
札幌の紅茶好きで知らない人はいないだろう。
まずは、茶葉のメニューがA4ファイルにみっちり。という所からマスターの気合を感じて欲しい。

で、今日の鍋はその酒かすを使った、鱈ほっぺと牡蠣の酒粕鍋と相成ったわけだ。
粕汁、というと、鮭が定番。幸い、肉メインの鍋のつもりの買い物ではなかったので、そのまま、味噌仕立てのスープに酒粕を投入したわけだ。

実は夕べ相方が、「甘酒飲みたい」と言っていて、昨日の今日、である。
毎日頑張っている人間にはきちんと報いがあるのだな、と思った夕餉であった。

ナンカ、一品足りないよな、と思っていたら“とりごぼうが”米びつの上に逃がしてあった。
くっ・・・
明日の味噌汁の具にするんだ。


こいぬいぬが「驢馬が来て嬉しい」なんて可愛い事を言うようになった。
そんな事を言ってくれるのは、こいぬいぬだけの最近。
しょぼんぬ・・・
[PR]
by robano-ana | 2009-02-09 02:54 | 雑記

わかいってぇのは、ごうまんだねぇ

相方帰宅中。

二条市場で殻付きの牡蠣を4個買ってきた。
昨日から、買って来る、と言っていて「4個だけだなんて、ケチ臭い奴だ」と思っていたのだが。

これが。

デカイ。

殻自体の大きさは驢馬の掌大なのだが。

その中身が。

ハンパない。

蒸して食べたのだが、お胴の太さがヤクルト並み。繰り返すが、蒸して、の大きさが、だ。
とても、一口で、なんていうサイズではない。
1個で牡蠣の満腹メーターが75%まで上がったよ。
2個で十分だった。3個出されたら、いや、もう、結構です。と言いたくなる。

ちなみに相方は、独身時代にこのような破壊力抜群の牡蠣を一日で10個以上食べ、その後も同様の事を数回繰り返し、とうとう10年前に牡蠣密教への強制入信となったのだった。(御神体は勿論、牡蠣神様)
最近になってようやく過去の暴挙へのお許しが出たらしく、今回の蒸し牡蠣となったわけだが、こんなに濃厚な牡蠣を一回で10個以上食べるなんて、あんた、本当に馬鹿だよ。罰が当たったのも、自業自得だよ。と、心の中でつぶやいた驢馬であった。

相方の牡蠣選びポイントは、
長さよりも、殻の厚みを重視すべし。
だそうです。
今回も、厚みに重点を置いて選んだそうで、それはもう、大正解。
殻の長さが長くても、厚みの無い物は中身も薄いのだそうで。
厚岸(あっけし)の牡蠣は有名だが、今回は仙法志(せんぽうし)。厚岸は最近メジャーになったらしく、ネット通販だと長い物が多いらしい。
蒸して、あるいは網焼きにしてポンポンになった牡蠣のぽんぽんを「チョー美味い!」と叫びつつはむはむした後で、うまうまお汁をちうーっとすると、その時間だけは日頃の不満を忘れ、「酒や、酒持って来ーい!」といった気分になるのである。


ああ、洗物が台所でパンパンだよ・・・・・


c0102374_4551246.jpg
YOU、どうしてそこまで頑ななんだい・・・?(一応、驢馬の股座)


※懸案企画。参加者は、さむげさま、にんちびさま、ととりさま、と御三方のみでした。
無条件で、リクエスト頂いた物をお送りします。こちらのコメント欄への鍵コメでご連絡下さい。
ご参加、本当にありがとうございました。
[PR]
by robano-ana | 2008-12-07 05:04 | 雑記

あっ しょっぱかった!

いつぞやる、いつぞやる、と思い続けていた事を今日やっとやりました。

にんにく2~3玉
アンチョビ缶1缶

にんにくは皮をむいて半分に割り、芯を取り除


家にある一番小さな鍋ににんにくを入れ、アンチョビ缶の油とオリーブオイルをにんにくがかぶる程度に入れて、弱火でゆっくりとにんにくが匙で押すと崩れるくらいまで火を通す。
にんにくに火が通ったら、アンチョビを入れ、ペースト状にする。
こんな感じですよ。
c0102374_3363760.jpg


生協で買った、バラにんにく180gにアンチョビ缶3缶でやったらかなりしょっぱかった。

今日はこのアンチョビペーストにトマトジュースを投入し、胡椒、タイム、バジルを適宜振り、冷凍ニョッキを茹でた物でのスープにしてみた。

なんて事はない、ソースで和えるつもりがあまりのしょっぱさにトマトジュースを入れ続けたらスープになってしまった。それだけの事だ。(それでもなんだかまだ、しょっぱい感じだが)

まあ、なんだろう。
旨みの素。
的な感じで使うものだ。冷蔵庫に入れるとそこそこ日持ちもするし。

チャーハンにしてもいいし、冷奴に乗せてもいい仕事をするのではなかろうか。
種々のパスタには勿論だ。

前述のスープ、冷えた方が美味だった。
という事は、ざく切りトマトと合わせてカッペリーニの冷製パスタ、なんてかなりアリか。
やっぱり、トマト買って来れば良かったかな。


時期はずれではあるが満開だ。
c0102374_338290.jpg
春先の寒さに反応してくれたのだ。
c0102374_3384735.jpg
白いアイスキャスケードを買ったはずなのに、最初の数年は花を咲かせず、咲き始めたと思ったら何故だかこのライムグリーンにピンクの斑点模様が。
むしろ、好きな色だが何でだろう?
[PR]
by robano-ana | 2008-10-19 03:45 | 雑記

いもうとはすしさんさらでまんぷくだそうです。びっくりしました。

ぼけぼけしていたら、あっちゅう間に一週間空けてしまいそうな勢いですね。

なにせ、相方から電話が来て、「一日から十四日までそっちに出張だから」 なんていきなり言う訳ですよ。

ハァ!?

な訳ですよ。

ってコトで、ただ今、相方絶賛帰宅中でございます。
二週間も在宅するのは、単身赴任が始まって以来の長期滞在。

なんか、張り切って買い物はしちゃったけれど晩飯作るのは正直面倒臭い。
いや、作るけどね。
今日だって、初めて作った豚と小松菜の味噌味炒めは初めて作ったわりには上出来だったけれどね。
面倒なのには変わりない訳で。
自分を追い込む為の買い物か?って感じも無きにしも非ず。

あ、レシピ?
それほど大した事をしている訳ではないけどね。

前処理として、豚薄切り肉の脂身の部分を除けておく。

豚の薄切り肉(中パック1つ)を1㎝ほどの幅に切って、
味噌大匙1半、
ごま油大匙1、
みりんor日本酒大匙1、
醤油大匙1、
砂糖小さじ1、
好みで辛味のある調味料を適宜(一味、七味、豆板醤、生姜、等々)
を肉に混ぜ込み放置プレイ。

次に人参5cmほどを千切り
小松菜を5cmほどに切る。

除けておいた豚の脂身を熱してラードを出し、だしがらの脂身は捨ててもいいし、気にならない、と言う向きはそのままにして、人参を炒める。
しんなりしたら、放置プレイだった豚肉を投入。
豚肉に火が8割がた入ったら、小松菜を投入。
味を見ながら、塩、醤油、胡椒で塩味を足し、炒りゴマを好きなだけ投入したらゆるめの水溶き片栗粉でとろみを付けたら出来上がりである。
小松菜を投入してから、しんねりむっつり火を通し続けると小松菜の茎がネットリし始めるので要注意だ。(この小松菜のネットリ感がどうにも苦手であるよ。)

基本的に、炒め物の肉には全て下味をしてから使うと肉特有の臭みが無くなるので、驢馬の料理には必須の作業だ。ズボラをして下処理をサボると、大概、「やっときゃ良かった・・・」 と悔やむ事になるので、もう、ナニも考えずに肉には下味、これである。

え~っと、明日はカスベの煮付けと豚角の仕込みだな。
天気もいいそうだから、どこかへ出かけたいような気もするけれど。



転倒したロッシさん、大丈夫かな・・・・?
[PR]
by robano-ana | 2008-10-05 01:54 | 雑記

こうふくはどこからやってくる?

相方が帰ってくると、普段よりはまともな食事になるのだ。

今回は、牛乳がだぶついていたので、久々にマカロニグラタンを作ってみた。

ホワイト(ベシャメル)ソースって難しいからナァ~ と敬遠する向きもあろうかと思うが、こつをつかむと意外と簡単に作れるのだ。

材料は牛乳・小麦粉・バター
目安としての量は小麦粉大匙2にバター7㎜弱。

フライパンで作る人も多かろうが、後の作業を考えるとテフロン加工の片手鍋の方が便利だ。

鍋にバターを投入してから火をつける。バターは焦げやすいからね。
バターが軽く溶け出したら小麦粉投入。
ここで、小麦粉がバターとしっかり絡まって粘土のような状態になるまでしっかりと練り込む。
粘土状にならないで、小麦粉が白い状態のままで牛乳を投入すると、確実にダマになる。粘土状にならない時は、油分が足りないのでバターなりオリーブオイルなりを追加投入して確実に粘土状にしよう。

余談だが、先週末のダイエット番組で言っていた、乳脂肪を植物脂肪でくるんで体に吸収しにくくするって、本当なのだろうか?

粉とバターをしっかり練りこんで粘土状態になったらもう、楽勝だ。
牛乳を少しずつ加えて、ここでもしっかりと練りこんで好みの濃度になるまで伸ばせば出来上がりだ。グラタンなら、マカロニの穴へソースが入り込みやすいので、少し緩めにした方が驢馬好みだ。
ものの本では一気に牛乳を加える方法もあるらしいが、リスクが高そうだし、練る事でグルテンが出て濃度も出やすくなるので牛乳は少しづつ加えた方がキレイにできると思う。

好みの濃度になったら、コンソメキューブなり鳥ガラスープなりの好みのスープの素と塩、胡椒など好みのスパイスと下拵え済みの好みの具を出来上がった熱々ホワイトソースへ投入し、マカロニがソースをたっぷりと吸った頃を見計らって好みの器に盛り、チーズをかけて上火で(驢馬家では魚焼きグリルへ)チーズが好みの焦げ具合になったら、ホラ!出来上がり!

うーーーん!
グラタンって美味しいナァ!!

もうちょっと簡単な作り方もあるんだ。
[PR]
by robano-ana | 2008-09-26 03:36 | 雑記

しゃべれどもしゃべれども

三連休、皆様は如何お過ごしでしたでしょうか。
楽しまれたでしょうか。

驢馬は、相方が帰ってきていたので連休というよりも “連続勤務” といった感が。

これからは一週間おきに帰って来るそうで、
何ともブルー
入ります。

乗り切りますが。
ええ、乗り切ってやりますともさ。←気張りすぎです。

そんな連休中、土曜日にぶるーじーんさまとお会いしました。
連絡しろ、と言っておきながら判断ミスを犯して遅刻してしまう、名前通りの驢馬なワタクシ。
不愉快と不安を感じたであろうに、そんな事を毛ほども感じさせないぶるーじーんさま。大人だわ。

ブログを通じて人と会うのはぶるーじーんさまで二人目だが、どちらとも不思議と初めて会ったという気がしない。
4時間近く一緒にいたのだが、一方的にしゃべっていたような。ワタクシの得意分野というのは、まったくもって “あなたの知らない世界” なのだなぁ、と再確認。確かに、隙間隙間を狙っているのは否めないが、もっと一般的な王道を行った方がいいのか。ワタクシ。
いやいや、知識は力なのだ。
がんばれ、ワタクシ。

くどくどとしゃべりまくるワタクシに、嫌な顔をせずに付き合ってくださったぶるーじーんさま。
ありがとうございました。
これに懲りずに、これからもどうぞお付き合い下さいませ。

相方が帰ってくると飯を作るのだ
[PR]
by robano-ana | 2008-07-23 04:03 | 雑記