思ったことを記して行きたいと思います。コメントが多いと嬉しいです。お気軽にどうぞ。
by robano-ana
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お気に入りブログ
独りでいと。
拝啓 旦那様
ナニモナイケド
 下衆牢愚
ラグドールmoumou+...
きょうのわたくし
ブログ安三(ヤンツー)
魁!腹筋塾!
-Sun&Moon Blog-
すみやのひとり言・・・
あぁ、新婚生活
猫パンチドランカー
3×3  ~3匹と3人の生活~
ルーマニアへ行こう! L...
くま夫婦 by中央ヤンボル
*レンタルボックスまるや...
がんばる猫
スタジオハルク 跡地
TAM'S Stitch...
夢の猫ふうせん
胡桃の椅子       ...
奥様よりちょときれい! ...
続・まりおの部屋
ジーナにまたたび
おまけ猫たちとの日常
愛しいネコ・愛しいヒト
祈りよ届け 願いよ叶え
hand works.雑記帳
petit clos プ...
ANOTHER DAY,...
モロッコで猫三昧
au bon gout/...
札幌日和下駄
うれしいの素
早起き・・・なのに午前様
時間と風景の中で
スタンプづくり ...
猫じゃないかも
典型的なB型社長日記“バ...
Lokinikki ~フ...
布箱マルシェ
White Vanilla
White Pigeon...
兵庫のおじさん 愛のブラ...
CROSS SKETCH
活版工房
つまみ細工鶫屋(つぐみや...
ベランダ砂漠園芸
kukka tatting
ombre et lum...
清水惠都子*北欧の刺繍
ICIRI・PICIRI...
My style ハンドメイド
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
楽しい?
♪ お気に入り ♪
カテゴリ
全体

雑記
手の物
映像
動物
スポーツ
タグ
ライフログ





以前の記事
2012年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ペット戦争だ!
from 魁!腹筋塾!
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
from スタジオハルク
貴婦人のように
from ナニモナイケド
ANA
from いま話題の検索語とは?
寒い冬の夜には
from Long after Mid..
『くま夫婦』書店オフ
from べくとる
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイド
猫
画像一覧

タグ:コンサート ( 6 ) タグの人気記事

みんな、がんばった

もう一回、吹奏楽ネタを引っ張る。

自由曲で Solo を演奏する曲があるが、どの部門でも聞いている聴衆は心の中で “がんばれ!”と声援を送っているに違いない。少なくとも驢馬はそうだ。
その中でも一番印象に残ったのは、ネズミーのアニメーション映画でも大変に有名なあの曲のファゴットSolo を演奏した少年だ。
最近の学校の吹奏楽部は、慢性的な男子部員の不足に悩んでいるが、その中においても珍しいファゴット少年。それだけでもう、驢馬の心は鷲掴みにされたも同然なのに、正直、身の丈にはやや持て余し気味な大曲にアップアップしがちな演奏の中で、一人、大いに気を吐く、ファゴット少年。彼の今年の夏休みは全て、この後半でのソロ演奏に捧げられたに違いない。その姿は、驢馬の高校3年生の時の同級生の姿とぴったりと重なる。

その曲は、驢馬にもソロがあったのだが、どうしてもその曲が好きにはなれずに(その彼女には本当に申し訳ないが)さして練習もせず、お茶を濁してしまったのだ。
だから、ソロを演奏する人たちへは、プロ・アマ問わず少しだけ余計に肩入れしてしまう。

ファゴットの彼だけではない。
コンクールでは少ない、スタンドでのファンファーレを演奏したトランペットの高校生達。
彼らが立ち上がった瞬間から、曲を知っている聴衆達は “そうか。そう来るか。よし!いけ!いけ!がんばれ!!” と、演奏が始まる前から応援していたに違いない。そして、その期待に違わず、素晴らしいファンファーレを聞かせてくれた。キタラいっぱいに響き渡るファンファーレ。オーケストラのプロの演奏にも匹敵する、素晴らしい演奏だった。
残念ながら、曲全体での高い評価は得られなかったが、広いホールでたった一人で、あるいは立ち上がって演奏する事への不安と戦い、見事に成し遂げた君達は本当に素晴らしい。

来年は早起きして、B、C編成の演奏も聴こうかな。
あー、楽しかった。
ニコニコ









と終わりたいところだが、そうはいかない。
どうしても、最大に気に入らない事がある。

この北海道吹奏楽コンクール、キタラが出来るまでは北海道厚生年金会館で開催されていた。客席数は、キタラのほうがだいぶ少ない。そうすると、演奏終了前後の学生達が他校の演奏を聞けないという事態に陥るのだ。8~9割がた席が埋まると 「出演者チケットで入場している生徒は、正規チケットで入場している人の為に退席せよ」 とアナウンスがかかるのだ。
他校の演奏を一番聴きたいと望んでいるのは、出演者である彼らだろう。それなのに、彼らは何故、一階ロビーで膝を抱え、微かに聞こえてくる演奏に必死に耳を傾けねばならないのだろう。一流のプロの演奏家が使うホールで演奏出来るし、確かに厚生年金会館は音響的にも問題がある。だからこそのキタラでの開催なのはもう、重々承知だ。

だが、敢えて言う。
どうしても、気に入らない。

早い順番で演奏を終え、他校のあの有名校の演奏を聴ける嬉しさ。いい場所はもう埋まっているので、3階、天井桟敷からはるかに望む、薄暗がりの中で浮かび上がる小さいステージ。(あの頃の照明は今よりも暗かった。そして、田舎モノのため、ホールでの演奏経験も少なかった。) そして、出演者がほぼ全員集まった中での結果発表。通路の階段まで鈴なりに詰め込まれた出演者達。
発表者がさっと片手を挙げ、金賞、と言い終わるや否やの
キャーーーー!!!!
という悲鳴、歓声。抱き合い、涙とともに喜ぶ生徒達。
あの、独特の熱気。残念と歓喜の交錯する何とも言えないあの雰囲気。
それが今のキタラでの全道大会にはない、のだ。全く無いわけではない。が、ホールの中で結果発表を聞くのは、せいぜい2~3団体だ。

結果発表のドキドキを、直接聞くところまでが全道大会だと思うのだ。
あの熱気と緊張感を今の子供たちにも味わって欲しい、と思うのだ。

そして何より、他校の演奏を聴きくことこそがレベルアップに繋がると思うが、どうなのだろうか。
CDで十分、と言う事なのだろうか。
[PR]
by robano-ana | 2007-09-03 19:36 | 雑記

ぽいんとはひとそれぞれだが

北海道吹奏楽コンクール4日目・最終日

中学C編成と、職場・一般。
上手なところは上手だし、そうでない所も精一杯の演奏だった。

ただ聞きっ放しだと飽きてしまうので、一言コメントと金・銀・銅と驢馬なりに評価しながら聞いていた。
審査員の評価もあるのでつき合わせてみると、そう、大きく外れてはいない。だが、驢馬と審査員の好みが決定的に違うところがあるらしく、驢馬の金が審査員の銅という結果が幾つかあった。
ある程度レベルが上がると、チームカラーとも言うようなサウンドが出来上がって来るのだが、はっきりとした個性のある音を審査員の皆さんは好まないようで。ま、好き好きだし、驢馬の見当違いという事だってある。

ところで、A編成は課題曲と自由曲の2曲を演奏する。
課題曲は吹奏楽連盟から提示された4(今年は5曲)曲から1曲を選んで演奏するのだが、今年の課題曲は5曲中4曲がマーチ(5曲目は職場・一般専用曲。北海道では選ぶ団体が無かった為、聞けずじまい)。人気は課題曲3と4に集中したのだが、何度も聞かされると、どっちがどっちだか。だって、同じような曲なんだもの。テンポも似ているし、曲調、音域もそっくり。
いつから、課題曲って全部マーチになったんだろう。今年だけの事だろうか。驢馬の現役の時代は、4曲とも曲想が違う曲が用意されていたものだが。
課題曲が用意されるのは、吹奏楽の曲のレパートリーの拡大を目指すと言う事らしい。用意した曲の中で、結果的にマーチに選曲が集中したと言うのならともかく、マーチばかり用意されてもなぁ。しかも、実際のマーチングにはテンポが速すぎて歩けないんではなかろうか。(苦笑)

文句ついでにもう一つ。
演奏中に隣と話したり、紙袋やらコンビニ袋やらカサコソさせたりする人がいるけれど、それは本当に
今すぐにやらなければならない事か?
呼吸する鼻息がスーカスーカ、スピースピー言っているのも、気が付けないか?自分でうるさいなぁ、と思ったことは無いのか?
演奏中に咳が出るのは仕方が無い。しかし、演奏ビデオを撮影しているスタッフが、ずーっと断続的に咳をし続けるのはプロとしてどうなのか。せめて、口をハンカチで覆うくらいの気遣いは出来ないものなのか。

演奏中に不可抗力以外の雑音がするのは、大嫌いだ。

君達のごろごろはいつだってどこでだって聞きたいものだが。
c0102374_23413844.jpg

[PR]
by robano-ana | 2007-09-02 23:50 | 雑記

すなおによろこべるそのわかさがまぶしいわ

北海道吹奏楽コンクール第3日目

今日は中学校B編成から。

午前中は小学校。どうせ父兄でパンパンになるだろうし、団体ごとの客の入れ代わりが激しくて落ち着かないだろう、と、午後から行ったのだがそれでも座席はほぼ満席。さすが、北海道、といった所だろうか。
競争の激しい地区の学校の演奏はやはり、素晴らしい。その分、そうではない地区との差は開き気味か。

前列の人の大頭と、後列のおやじの蹴り攻撃のせいで座席ジプシーを余儀なくされる。大頭は仕方がないとしても、座席を蹴りまくるのはどういう了見なのか。足が長すぎるのか、ナニかの収まりが悪いのか。ああ、分かった。メタボの腹がつっかえて苦しいんだ。

演奏時間が押したせいで、休憩なしで最終プログラムへ。おしっこがパンパンに。

キタラで吹奏楽だと、40人くらいがちょうどいいのかも。50人を超えると、音がはばける。もともと、クラシックコンサート専用のホールだから、仕方が無いのかもしれない。
昨日、一昨日の特別演奏では、東海第四が80人、遠軽高校が77人。今日は永山南中学校が51人。
クラシック音楽専用のホールだけあって、大変によく響く。その、響くホールで存分に鳴らされると、耳の中でも音が響きまくる。耳道の中でも音が響くなんて、知らなかった。不快ではなく、むしろ、快感。この年齢になっても新しい体感が出来る事にも喜びを感じる。

さあ、明日はいよいよファイナル。
明日も、パンパンかな。
ドキドキ。
[PR]
by robano-ana | 2007-09-02 00:23 | 雑記

めがみをものにしたのはだれだ

北海道吹奏楽コンクール2日目

今日はメインイベントともいえる高校A編成。

去年は前売り券が完売、当日券は売り出さないと言う事で涙を呑んだのだ。今年は前売りを買いに行き、無事ゲット。しかし、前売り券は一度完売し、追加発売をして残りももう、わずか、と言う所だったのだ。危なかった。ぐずぐずしないですぐ買いに行って良かった。
開場15分後くらいで会場に着いたのだが、平日にもかかわらず、もう、ほぼ満席。さすが、高校A編成。

今年は東海第四と北海道遠軽高校が特別演奏*1でコンクールには参加しない。ダメ金*2に泣いて来た各校にとっては、千載一遇ともいえる大チャンスの年である。
私立高校の東海第四が強いのはある意味ズルイ仕方ないが、公立高校がこれ程強くあり続けると言うのもすごい事だと思う。指導者の力量なのだろう。驢馬が現役の時代は、この東海第四高校と札幌白石高校が不動の2強で全日本大会での5年連続金賞特別演奏と言う偉業を成し遂げたりしているのだが、今は制度が変わってしまって、県大会での特別演奏で他校へチャンスを譲る形となっている。教育的配慮、とでも言うのだろうか。思う所も無きにしも非ずだが、そうでもしないと本当に他校へのチャンスはほぼ、皆無なのだ。

(余談だが、この制度改変のきっかけを作った数校のうちの、大阪の超弩級有名高校を数週に渡って放送したこの番組。テレビドキュメント部門のコンクール?で最高賞を受賞したそうだ。ここでも放置プレイのツケを喰らっているのだな。)

評価競技の難しい所だ。評価が決まっている高校と同じレベルの演奏では、上へは行けないのだ。明らかに上のレベルを示さないとその高校は蹴落とせない。コンクールは、指導者と生徒とのプライドをかけた戦いでもあるのだ。
今年は、何処の高校が普門館へ行くのだろうか。

予想は勿論ある。
が、残念な事に結果発表を聞かずに帰って来ざるを得なかったのだ。

まったくもう、何処の学校も上手い。
このレベルになってくると、驢馬ごときでは評価など出来ない。審査員はどうやって評価をし、順位付けをしているのだろうか。昨日の中学校A編成でももめたのだろう。結果発表が遅れたのだ。今日はすんなりと決まっただろうか。札幌白石もプライドをかけて決めに来ていたし、他の高校も、前述したが今年は大チャンスの年だ。
ああ、何処が普門間行きを決めたのだろうか。
明日が楽しみだ。

ワクワク

*1: 3年連続で全日本大会へ出場すると、次の年は県大会での特別演奏という事でコンクールへの出場は出来ない。
*2: 金・銀・銅各賞の数は決まっていない。北海道は全日本大会への出場枠は2校なので、それ以外の金賞をダメ金と言っている。嬉しくも、切ない金賞である。

[PR]
by robano-ana | 2007-08-31 22:51 | 雑記

とうたつてんはどこにする

今日から吹奏楽コンクールの全道大会が始まった。

驢馬は、中学から10年ほど楽器吹きだった。(もちろん、アマチュアで、だ)
その楽器は、驢馬が学生の頃は女子がするのはとても珍しくて、今にして思えば、少々目立つ存在だったかもしれない。
社会人になり地元の吹奏楽団に入って、近隣の学校の定期演奏会のお手伝いに行った時に、同じ楽器の女の子から 「あこがれてたんですぅ~」 と言われ、大いに驚いたものだった。

今の学校は、あの、東海大四高校でさえ、ほぼ女子バンドだ。どうして男の子はやらないのだろう。
楽器は男子のすることではないとでも思っているのだろうか。
大間違いだ。
楽器を吹く事がどれ程、過酷で大変か。
真面目にロングトーンをすると、20分で体中に汗が噴き出て来る。
肺活量さえあればいい、と思うかもしれない。
間違いではない。が、美しい音を支えるのは、腹筋、背筋、俗にインナーマッスルと呼ばれる筋肉と顔の筋肉の繊細なコントロールだ。手で持つ楽器ならばそれを支える指、手、腕の筋肉。ピストン、キーをすばやく動かすための握力。譜面を読み、他者の音を聞きその音と自分の音を合わせるための聴力、と様々なコントロール能力が必要となるのだ。

ま、楽器から離れて初めて気付いた事だが。

今日は午後から中学校A編成。
う、上手すぎる。
指導者の力量の差が、これほどはっきり出てしまうのはある意味むごい。
地域間格差が驢馬の時代から全然縮まっていないのも、どうにかならないだろうか。はっきりいってしまうと、旭川よりも北の地域のレベルが全然上がらない。
学校間の競争が殆ど無いから、仕方が無いのかもしれないが、札幌の子供の見ている世界と、北の地域の子供の見ている世界は全く違う。
驢馬は北の地域の出身だが、幸か不幸か、トップを目指そうと言う人達の姿を中学生の頃から見るチャンスがあった。だから、一緒に部活をしている子供達との意識の差がもどかしかった。ちがうんだちがうだ、そんなんじゃぜんぜんだめなんだ。
と、伝えたかった、といえばそうではなくて、驢馬一人が言ってもこいつらには聞く気もないだろうし、理解できないだろう、と、何もしなかった。

せっかく遠くから来ているのだから、学校なんか2~3日休んで、全日程を聞き込んでショックを受けてへこんで帰ればいいのだ。その方が聞きもしない授業を受けるよりもずっと、勉強になると思うのだが。そうでないと、練習しよう、上手になりたいと思うことすら出来ない。同い年なのに、こんなに差があって悔しいとは思わないのだろうか。

とにかく、北海道の吹奏楽のレベルは高い。
北海道のみならず、日本の、特にアマチュアの吹奏楽のレベルは世界的に見てもトップレベルだ。この毎年のコンクールが育てたとも言えるし、裾野も広い。某局でも、社会人バンドを紹介する番組も始まった。こんな美味しいコンテンツをどうしてこんなに放置プレイで捨て置くのだろうか。
夏の高校野球と同じ主催者なのに。
テレビを買ったら自動契約、と言って視聴料を徴収しようとする某局主催の合唱コンクールはきちんと全国放映しているのに。

やっぱ、利権を生まないジャンルは洟も引っ掛けてもらえんと言う事だろうか。

イライラ。
明日はメインイベント、高校A編成。
[PR]
by robano-ana | 2007-08-30 23:43 | 雑記

ホントに寒かった

今日は、サックスのお姉ちゃんのコンサートを聞きに行った。
同居人が、同僚のお姉さまからタダ券を貰ったのだ。
彼女は、○ステのテーマ曲を作曲したいわゆる “新進気鋭” のサックス奏者らしいのだが、このコンサートを企画したのは日テレ系列、口が裂けても“○ステの”と広告できないのがつらい所で、客の入りは7割強という所、驢馬の後ろの席はスカスカだった。

そのせいか、後半くらいから背筋と足元からイヤーな寒さを感じ、しかもトイレに行かなかったが為にお○っこがパンパンになってしまって演奏を聞くどころではなくなってしまった。
トイレは完全に驢馬の責任だが、北海道のこの季節で夜の興行。全くの暖房レスというのはどうだろう?S○Vさん。

ありていに言うと “CD買ってね” コンサートだったのだが、生演奏なのに、聞こえてくる音は全てスピーカーから。
彼女のせいでもないし、このコンサートに限らず殆どのコンサートに共通したものだろう。
だがしかし、これは、生演奏を聞くのと、CD音源を聞くのとナニが違うのだろう?PAを否定する気持ちは全く無い。必要なのも知っている。しかし、せめてホーンセクションくらい、生の音を感じさせては貰えないだろうか?と元ブラバン少女(!!)は思うのだ。
楽器の本当の音ってもっと、もっと凄いんだ、と思ってしまうのだ。贅沢なのだろうか?

そんなこんなと、彼女の厚底ぽっくり靴のおかげで今一つ、演奏に集中できず、帰宅してからはくしゃみと鼻水が止まらずに、色んな意味で寒い一日となってしまった驢馬であった。


今日の一枚
c0102374_1354990.jpg

四ちゃん、ほかほかふかふかなのね
三ちゃん、いい感じ?

仲良き事は美しき哉
[PR]
by robano-ana | 2006-11-09 01:57 | 雑記