思ったことを記して行きたいと思います。コメントが多いと嬉しいです。お気軽にどうぞ。
by robano-ana
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お気に入りブログ
独りでいと。
拝啓 旦那様
ナニモナイケド
 下衆牢愚
ラグドールmoumou+...
きょうのわたくし
ブログ安三(ヤンツー)
魁!腹筋塾!
-Sun&Moon Blog-
すみやのひとり言・・・
あぁ、新婚生活
猫パンチドランカー
3×3  ~3匹と3人の生活~
ルーマニアへ行こう! L...
くま夫婦 by中央ヤンボル
*レンタルボックスまるや...
がんばる猫
スタジオハルク 跡地
TAM'S Stitch...
夢の猫ふうせん
胡桃の椅子       ...
奥様よりちょときれい! ...
続・まりおの部屋
ジーナにまたたび
おまけ猫たちとの日常
愛しいネコ・愛しいヒト
祈りよ届け 願いよ叶え
hand works.雑記帳
petit clos プ...
ANOTHER DAY,...
モロッコで猫三昧
au bon gout/...
札幌日和下駄
うれしいの素
早起き・・・なのに午前様
時間と風景の中で
スタンプづくり ...
猫じゃないかも
典型的なB型社長日記“バ...
Lokinikki ~フ...
布箱マルシェ
White Vanilla
White Pigeon...
兵庫のおじさん 愛のブラ...
CROSS SKETCH
活版工房
つまみ細工鶫屋(つぐみや...
ベランダ砂漠園芸
kukka tatting
ombre et lum...
清水惠都子*北欧の刺繍
ICIRI・PICIRI...
My style ハンドメイド
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
楽しい?
♪ お気に入り ♪
カテゴリ
全体

雑記
手の物
映像
動物
スポーツ
タグ
ライフログ





以前の記事
2012年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ペット戦争だ!
from 魁!腹筋塾!
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
from スタジオハルク
貴婦人のように
from ナニモナイケド
ANA
from いま話題の検索語とは?
寒い冬の夜には
from Long after Mid..
『くま夫婦』書店オフ
from べくとる
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイド
猫
画像一覧

みゅんひはうぜんなわたくし

先月の今頃はちょうど、救急病院のベッドで点滴につながれて湯たんぽ抱いてシバリングしてたんだなぁ~~ と。

人生、二度目の救急車に乗車しました。

何が起きたかと言うと、どうやら、急性胃腸炎だったようで。
ようで、と言うのは、検便の結果を聞いていないから。しかし、救急病院でも直腸検査をした近所の病院でも、「ここ2、3日、同なじ症状で運ばれてくる人が多いんですよ。」との事。(プロ野球シーズン開始直後に高橋信二選手が急性胃腸炎で5kgも体重が減ったが、その苦しさ、よ~~く理解できる。)

7日は月1回のタティングレースのお教室の日で、相方は出張中。昼食には簡単にマクドで食し、レッスンは楽しく終了。本屋を回って手芸本を数冊買い、ステラプレイスの中をくるくるし、モスの贅沢バーガーを食して、楽しいお出かけの一日を過ごしたのだ。
帰宅後は前日の残り物をつまんでネットゲームを楽しんでいたら、夜中の1時過ぎ。

なんか、おなかの調子がヘンだ。

調子に乗って、ファストフード2食はやり過ぎたかな、と思いつつトイレにこもるがまったく回復する気配がない。それよりもどんどんと具合が悪くなってくる。
居間へ戻る気力も起きず、トイレの前で横たわる事しばし。

けっこう、出てるはずなのに、やっぱり、だめだ。
相方がいれば、このまま死んでしまってもいいのだが、あいにく帰ってくるのは木曜日の夜。あと、3日以上ある。俺が今死んだら、子供たちも道連れだ。

それだけは絶対に避けなければ。

気力ゲージを溜め、まず、服を着替えてバッグに財布と鍵を放り込む。

再度、気力ゲージの溜まるのを待ち、119へ。
相手の質問に答えていたら、込みあがって来るものが。
ひーーん。リバースだー。

救急隊員さんたちの的確なプロの仕事は本当に、それだけで安心感が沸くなぁと思いながら、車は救急病院へ。

お世話をしてくれた看護師さんたちの完璧なアイラッシュ&アイメイクにプロフェッショナルを感じつつ、生まれて初めて、手の甲に輸液の針を入れられた。(ひじの内側だと、トイレに行った時に不便だから)
救急車の中にいる時点で体温は34度台。もう、寒くて寒くて体の震えが止まらない。

結局、輸液を2パックと下痢止めの薬を入れて貰って落ち着いた所で、レラカムイ号のタクシーで帰って来たのだった。

一月がひどい下痢をしたときに、丸一日、24時間の絶食絶水をしたのだが、それに習って帰って来たその日は絶食絶水。水曜日はポカリスエット、木曜日からはポカリにカロリーメイトを食べ始めたのだが、どうもまだ、下痢っピー。
金曜日に近所の病院へ行ったら、「血便も出ているとの事なので、直腸検査をしましょう」と、有無を言わさず、月曜日に直腸検査の予約が入った。

日曜日の夜に飲め、と言われた下剤はまったくもって、うんともすんとも反応がなく、検査本番で飲まされた下剤がこれまた、まあ、なんとも言えずのエモイワレヌ激不味い。この下剤、2ℓの下剤か数十粒の錠剤を2ℓの水で飲むかの2コースがあるのだ。次は絶対、錠剤にする!これから直腸検査をする人も、錠剤コースをお勧めする!ただでさえ、食べてなくっておなかが痛くって弱っているところにあの、激マズ下剤はひどい仕打ちだ、と思う。
この下剤は直腸内の宿便をはがす作用があるのだ、と教えてもらったのだが、驢馬の体内から排出されたのは何と、緑色の粒々だ。看護師に緑色の粒々なんです、と告げると「そんなの、聞いた事ないわ~」と。しかし、何度見ても緑色なのだ。個人差、あるのか?こういうのって?

検査中&検査後に点滴を入れるので事前にラインを確保する。
看護師さんに「救急病院でも手の甲に入れるのに『細いわ~』って言われたんですよね~ 「で、一週間たつのに、まだ、そこ、痛いんですよね~」とプレッシャーをかけると、「細いし、動くんですよね」と言いつつも手首の内側の定番の場所に一発で入れるのはさすが、ベテランプロフェッショナル。

検査自体はしごく、スムーズ。結果も上々。自分で見ても綺麗なピンク色。

主食がポカリスエットの生活は約一週間。
その後、カロリーメイトが主食になり、4日目からはおかゆが主食。
最大、2.5kg減った体重はなんとか1kg減を死守し、現在に至っております。

40歳を過ぎた頃から、食べられる量がずいぶんと減ってしまって「つまらんなぁ」と思っていたのが今回の胃腸炎での絶食で更に食べる事への執着が薄くなった様子。

直腸検査も出来たし、肉に埋もれていた鎖骨がうっすらと出て来たから、結果、オーライって事かな。と。

社会保障って、なんて素晴らしいシステムなんだろう。
救急体制、バンザイ!!
[PR]
# by robano-ana | 2010-07-08 04:34 | 雑記

つつがなかったりあったりらじばんだり

昨年の今頃は一月の具合が悪くって、どうしようどうしよう、とおろおろしていたのですが、一月、絶好調ですよ!
ご飯の量も、三月よりも食べているのでそれはもう、いいウン子をもりもりと量産しております。

過去最高一月を更新しておりますね。 一月の食卓は必ずね。c0102374_1475271.jpg


三月は耳をかきむしっているので病院へつれて行くと、「耳に白癬菌がいるかもしれないから、点耳薬、綺麗に使いきってね」と、10mlを渡され、お薬生活がスタート。
イヤダイヤダ!!と逃げる三月の油断している所を狙うこと、10日ほど。
過去、最高に綺麗な耳になったと思ったのもつかの間、今度は顎下のぶさいくが過去最高に。
あまりにひどいので、またもや病院へ連れて行くと、「ここまでひどくなると、塗り薬では治らないので、じゃあ、かんたんな注射にしましょうか」と、プスっと一本。
この注射一本で効果が二週間持続するとの事。
三月は去勢をしていないので、ホルモンの関係でどうしてもニキビも出来やすいのだ。
早く綺麗にしてやりたくって塗り薬も塗るのだが、先日来の点耳薬の件もあって、驢馬の一挙手一投足に対して三月のレッドアラート、なり放題。
しかも、こちらが少し綺麗になったかと思うと、別の所に引っかき傷が。

早く綺麗な顎下になっておくれよう 最近の驢馬ちゃんはホント、信用ならないんだ。 c0102374_14716.jpg


おまけ
一切、何の加工もなく、ツブ貝のごときナチュラルカール。おろすと、お蝶婦人ばりのたてロール。
いろんな意味で気の毒だ。
c0102374_1482060.jpg

[PR]
# by robano-ana | 2010-07-06 02:03 |

かんがえるな、かんじるんだ。

文章を起こす気力がわかないままに、2ヶ月はあっちゅう間。

そろそろ、あの企画をやりますよ。

そうですよ。

年に2回。

あの人気企画ですよ。

応募数が少ないと、このブログは本当に凍ってしまうかもしれませんよ。

ここに出入りして下さっている、数少ないマニアの皆様。

予想を立てて下さいね。

そして、鍵コメで応募して下さいね。
[PR]
# by robano-ana | 2010-07-02 04:30 | 雑記

はちれんきゅうなんだってーー

全員集合!

c0102374_5343278.jpg


以下、写真
[PR]
# by robano-ana | 2010-04-29 05:47 | 手の物

きんいろしゅうかんなんだって

月曜日は、振り子の師匠と6月開始予定の石巻き教室の打ち合わせ。

で、知り合いのフェルト作家さんから巻いたペンダントヘッドのサンプルを頼まれていたのを思い出し、久々に巻き巻き。

練習用にと思って買った、インド産メノウは扇形ばっかりでイマイチ、使い勝手悪し。
色は申し分ないのだけれど。

どうなんだろう。
自分の作るものって、自分で評価できないから困る。
特に、この石巻きアクセサリーって今はこれしか出来ないから、ホントにどうなんだろうって感じ。札幌でとっても素敵な作品を作っている人もいるのだけれど、個人レッスンは二人から。

だれか、オレと一緒にレッスン受けてくれる人はいないかのぅ~~

押し付けたプレゼントした人たちからは概ね、喜んでもらっているから、それを信じて今は行くか。

今、と言えば風がすごい音を立てて吹いているけど、大丈夫かな。
風の大きな音を聞くと、あの、大風台風を思い出す。
中島公園の惨状とにおいと。
[PR]
# by robano-ana | 2010-04-28 05:27 | 雑記

くろねこ、ねこってすばらしいね

ぐちぐちと文句を2連続で上げ、今日はオーダーのお品を渡すために札幌駅へ。

いつものクロちゃん通りを歩いて行くと、今日もクロちゃんに会えた。

クロちゃんはおうちの戸を開けて欲しくて話しかけて来るのだが、なかなか、それは難しい。(いつか、してしまいそうではあるが。)
ごめんよ、それは、できないんだよ。でも、クロちゃんは本当に気立てが良くって優しくって、ふっくらしていて、お手々もふっくらしていて、本当に、おばちゃんの大好きなくろ猫だよ。仲良くしてくれて本当にありがとうね。クロちゃん、大好きだよ。

と、いちゃいちゃして、後ろ髪を引かれつつもクロちゃんとわかれ、中島公園へ。
すると、その途中でもほっそりとしたしっぽの長い美しい黒猫が!

いいぞいいぞ、と思いながら公園へ入ると、猫おばさんと猫おじさんと思しき中年二人が話をしている。その、おじさんの足元には茶トラとまるで、水玉模様のようなまぁるいぶちの美しい三毛猫が。

猫おばさんの手には、「これ、カラスにやろうと思って」と、パンの耳がビニール袋いっぱいに。

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。
びみょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

札駅で待ち合わせ、オーダーの品も無事、好評を得て一安心。

別れたあとは、プラニスホールで開催中の「美しきバラと花々の祭典」(まんま、そのまんまだが、もちょっと、小洒落られんものか?)ボタニカルアートの巨匠、ルドゥーテの展覧会へ。
入場料¥800は、格安すぎ。札幌近郊に住まっている人達は是非、お運びあれ。
原画も素晴らしいが、その原画を忠実に銅板に起こした職人の技術もまた、素晴らしい。

考えてみると、一年中、生きた花を手に入れる事が出来るのはいかに贅沢な事か。
昔から布地や壁紙、食器などなど、あらゆる場面に花模様が使われるという事は、それだけ、人は花を欲している、いた、という証拠ではなかろうか。

保存された図譜から、忠実に再現された絵(銅版画)が100枚近く展示されている。
繰り返すが、素晴らしい。
これだけ大量のボタニカルアート、しかも、世界最高峰のものをみられる機会はなかなか無いと思う。まったく、どのような世界でも天才さんは存在するのだな。
繰り返すが、是非、お運びあれ。
あんなに素晴らしい展示会なのに、なんでもっと、宣伝しないかね。もったいないったら、ありゃしない。ねぇ、道新さん。

美を堪能した後はロフト、カナリヤで物欲をも満足させ、帰りのバスの中では、「まぁ、ヤツが気分よくしていれば、まぁ、いいか」と思えるまでに気分も回復し、帰宅したのだった。

やさぐれ気分には美が一番効くのかな。
c0102374_3445928.jpg
いや、君の元気が一番だね。
[PR]
# by robano-ana | 2010-04-23 03:46 | 雑記

ぴんくもきゃんでぃもすきじゃなかった

一昨日、相方が帰ってくるなり、「ウチにある座椅子、全部捨てるから」

って。

ハイ? ( ゚д゚)?????

一言の相談もナシですよ。

あんたは自分の部屋で快適に過ごすかもしれんが、おれは、どうしろというのかね?

背もたれが無い床座りはなかなかに、疲れるのだが。

新しい座椅子は土曜日にでも買いに行くつもり らしい が、何処へ行くのかもまったく心積もりナシ。
確かに、あんたは居間にいるよりも自室にいるほうが多いからどうでもいいのかもしれんがな。

オレは存在していない事がよーくわかったよ。

腹立ちついでに記すが、オレが「水曜日、映画でも一緒に行かんか?」と誘った時に、「水曜日は飲み会があるからダメだ」と、一言言えば良かったのだ。

もちろん、この件はまったくのスルーですよ。

やっぱり、オレは存在していないのだな。
[PR]
# by robano-ana | 2010-04-22 03:06 | 雑記

うたがきにでもゆくか

最近、一月の薬を相方も投与するようになって来た。

それはいいのだ。

が。

ヤツは会社へ行く前、大体07:30頃に投薬するのだ。
しかも、最近は暖かくなってきたせいか、一月はオレの布団の上で寝ているのだ。

それを、ヤツは、わざわざ、オレを起こして、「一月に薬」と、オレに投薬させるのだ。

オレが朝方まで起きているのを充分に承知した上で、オレを起こすのだ。

ナニ?

イヤガラセ?

それに加えて、今朝は「薬が無くなったから、今日、薬をもらいに行って来て。」との指令が下った。
ええ、そぼ降る雨の中、行って来ましたよ。
西岡まで地下鉄→バス乗り継いで。

そしたらだ。

「明日(水曜日)は、飲み会だから。」

と。

ハイ?(怒)
それじゃあ、明日でも良かったジャン!(怒)

「今朝で薬全部、無くなったから。」

無くなったから、じゃないでしょ!?
行って帰って来るだけで、たっぷり、2時間はかかるんだよ。乗り継ぎがあるから。
一日くらい、お薬休んだって、影響なんてほとんど無いんだよ。

なんだかなぁ。
ま、行かないなら行かなかったで不機嫌になるだろうし、オレへの評価も(またもや)ダダすべりになるのだろうから、行った事は(ヤツにとっては)正解なのだろうが。

ヤツが風呂掃除をすると、浴槽の底に必ず湯あかが残っている事を指摘したら、今までした事も無いような場所まで掃除し始めるし。

なんだかなぁ。

ホント、こういう所がことごとくかみ合わない事であるよ。

で、かみ合わないと感じているのはおそらく、オレだけだって事。

なんだかなぁ。
[PR]
# by robano-ana | 2010-04-21 04:25 | 雑記

もよ…

c0102374_3382563.jpg
ボクは美味しいものが食べたいの!


四月に入ってから、三月がどうにも落ち着かない。

というか、うるさい。

事あるごとにオレをお布団部屋に連れ込もうとするし、オレが立つ前から廊下へ出るドアの前で、「お布団部屋へ行け!」と主張しつつ待ち構えている。

まあ、ウザイ事、はなはだしい。

あまりのうるささ&しつこさについ、ブチ切れ足りしたのだが、
発情でしたよ。

先週の土曜日に久々に鰹のお刺身をあげたのだが、少~し、多かったかな?と思ったら、案の定、翌日辺りから、日に数回のトイレ通いが始まった。三月のデフォルトは日に一回。
やっちゃったか!?と思ったとおり、ストルバイト結晶が出来ていた。
尿管を詰まらせるほど大きくはなっていなかったのが不幸中の幸いか。
三月はもともと、ストルバイト結晶が出来やすい体質なのでc/dが常食なのだが、それでは対応し切れなかったのだ。そして、検査をするためにおしっこを採取した際に精子も相当数混在していたので「発情もしてますね。」と。

魚のお刺身が大好きな三月。
一月のモチベーション維持の為にも食卓(お刺身各種)は欠かせないのだが、一月にだけ食卓(お刺身)があるのは互いにツライ。
しかし、獣医師、看護師からともに、「私達には一切れのお刺身かもしれませんが、猫達にはその60倍ですからね。」と釘を刺されてしまうとツラサ、更に倍!ドーン!!

とは言いながら、お刺身の日にはs/d猫缶を出せば良いんじゃね?と思ったり。

ダメっすかね?

c0102374_341596.jpg
一月をひいきしていれば、それでいいわよ。

いやや、そういう訳には行かないですよ?!
[PR]
# by robano-ana | 2010-04-17 03:49 |

ざわ…

昨年の今頃から始まった一月の食欲不振。
現在は、薬の種類も変えて、過去最高一月を更新中である。

大変に喜ばしい事で、これからもずっと、この状態を続けて欲しい、と心から願うのだ。

一月の食欲不振は半年ほど、吐き戻しは昨年末まで続いたのだがそれをなんとかしたくって、いわゆる、スピ系、と言われる世界に足を踏み入れる事にしたのだ。

その中で気づいたのが、
「女の子はいつも、にこやかにしていないとね」

という事。
この言葉は、昔から、男子達ににキツキツと怒る一月に対して言っていたものだが、自分自身が一番心がけるべき言葉だった。

今でも、オレの心のバランスがおかしくなると一月も「にこやか」ではいられなくなる。
そろそろ更年期か?と思える年頃なのでホルモンバランスの変調に敏感になってきていて、「いつもにこやか」とは行かないのだが、自分でこの事に気付いているだけでも妙な不安感はないので、キツキツしつつも「ごめんねぇ~ 君ら、また、とばちりだなぁ~」と猫達に謝罪する事が出来る。

で、巡ったスピ系のうちのひとつに石と振り子を使ったヒーリングがある。
スピに携わっている人、または興味のある人でいわゆる、パワーストーンと呼ばれている石を身につけていない人を見た事がない。
が。
正直言うと、そのパワーストーン。あまり信用していないのだ。本物の霊能者やヒーラーの使う数珠や石は力や理由があるとは思うが、そうではない、一般人がたかが小石にそれほどの期待をかけていいのか?
と。
貴様らの運は、たかが小石数個で左右されるほどに軽いものなのか?
と。

止めろ、という気は毛頭ない。が、勧める気もほとんどない。
かったのだ、が。

どうも、石を扱う事に、相性が良いそうなのだ。

別なセミナーに参加したときに振り子を使ったのだが、他の参加者さんの振り子の動きはおおよそ、直径1cmほどなのだが、オレのは3~4cmほど。最初にもらった振り子には「ぶんぶん初号機」と名付けたのだが、便宜上、振り子として使った天然石のペンダント(そのセミナーには「ぶんぶん号」を持って行くのを忘れたのだ。)も「ぶんぶん号」と違わぬぶんぶん振り。
動き方があまりにも違うので、他の人の振り子(5円玉 グフ)と取り替えても両者、同じ動き方。
それを見ていた先生、「驢馬さん、石、合っているんだわ。」と。
いやいや、先生。ワタクシ、↑、こうこう、こう思っておりますが。と、抵抗を試みるも。
「いや、驢馬さん、石ともっと仲良くしたら良いと思うわよ。」と勧められ、ついでにブレスレットのオーダーも頂いた次第。
c0102374_413627.jpg
おまけにこんなものを作り。
c0102374_4134620.jpg

振り子の師匠に、こんなんしてますぅ。
c0102374_4191991.jpg
c0102374_4193890.jpg
と見せた所、「石のお商売もしたいから、驢馬さん、これを教える教室をやって頂戴!」と、鶴の一声。(振り子の師匠は、世界的な石屋さんと極太パイプを持っているのだ。)

って!!!

ワタシ、これしかできませんってって!!!

と、大変に焦っておる次第でございます。
[PR]
# by robano-ana | 2010-04-16 04:52 | 手の物