思ったことを記して行きたいと思います。コメントが多いと嬉しいです。お気軽にどうぞ。
by robano-ana
画像一覧
お気に入りブログ
独りでいと。
拝啓 旦那様
ナニモナイケド
 下衆牢愚
ラグドールmoumou+...
きょうのわたくし
ブログ安三(ヤンツー)
魁!腹筋塾!
-Sun&Moon Blog-
すみやのひとり言・・・
あぁ、新婚生活
猫パンチドランカー
3×3  ~3匹と3人の生活~
ルーマニアへ行こう! L...
くま夫婦 by中央ヤンボル
*レンタルボックスまるや...
がんばる猫
スタジオハルク 跡地
TAM'S Stitch...
夢の猫ふうせん
胡桃の椅子       ...
奥様よりちょときれい! ...
続・まりおの部屋
ジーナにまたたび
おまけ猫たちとの日常
愛しいネコ・愛しいヒト
祈りよ届け 願いよ叶え
hand works.雑記帳
petit clos プ...
ANOTHER DAY,...
モロッコで猫三昧
au bon gout/...
札幌日和下駄
うれしいの素
早起き・・・なのに午前様
時間と風景の中で
スタンプづくり ...
猫じゃないかも
典型的なB型社長日記“バ...
Lokinikki ~フ...
布箱マルシェ
White Vanilla
White Pigeon...
兵庫のおじさん 愛のブラ...
CROSS SKETCH
活版工房
つまみ細工鶫屋(つぐみや...
ベランダ砂漠園芸
kukka tatting
ombre et lum...
第15回北欧の刺繍スコー...
ICIRI・PICIRI...
My style ハンドメイド
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
楽しい?
♪ お気に入り ♪
カテゴリ
全体

雑記
手の物
映像
動物
スポーツ
タグ
ライフログ





以前の記事
2012年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ペット戦争だ!
from 魁!腹筋塾!
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
from スタジオハルク
貴婦人のように
from ナニモナイケド
ANA
from いま話題の検索語とは?
寒い冬の夜には
from Long after Mid..
『くま夫婦』書店オフ
from べくとる
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイド
猫
画像一覧

<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ほっぷ

ウフフ・・・

ウフフフフフフ・・・・・・・

ウフッウフッウフッフッフッフッフ・・・・・・・

北海道
日本ハムファイターズ
リーグ優勝
おめでとうございます


本当に本当に
ありがとうございます


また新しく、輝かしく、記録されますね。
次はクライマックスシリーズを勝ち抜き、日本一になってアジア一になるんですね。

そうです。決まってますから。

コンサドーレも頑張れ!
[PR]
by robano-ana | 2007-09-30 03:14 | スポーツ

がんばりがむくわれるって

昨日は、今日で終了の世界的大ベストセラーの映画を見て来ました。前作は映画館へ行かなかったから、やっぱり、大きい画面で見たいなって思って。

いやー、みんな、大人になったのね。って感じで時の流れを感じてしまいました。それと、主人公の男の子がだんだん、に似てきているように見えて、あれ?あれ?って感じ。何でだろう?あごのラインがそう見させるのかな?彼に似ているというコトは、あの子はヘンタイさんって事?そんな!
いやいや、あんな賢そうな子がそんな筈ないよね。で、あのシリーズが完結した後、あの子はどうするんだろうな。イメージががっちり固定されちゃっているから、他の世界へ行った方が幸せなのかな。ま大きなお世話だけど。

内容は、ないよ~っていうか、物語に奥行きを持たせていた事柄をすっきりばっさりきっぱりと割愛しつつも、極々必要最小限というか切り捨てちゃうと成り立たないよって物のみを盛り込んで、ストーリーを追ったって感じかな。もちろん、映像は素晴らしいし、工夫も凝らされている。まぁ、3時間以上なんて映画館の椅子には座っていられないから、仕方ないのかも知れないけれど、どうにかならないものかね。こういうのって。同じ感想をこちらの超大作でも思ったっけ。

内容とは関係ないけれど、ここの映画館の椅子の背もたれの角度がもう少し、緩くなっていると見やすいのにな。それとも、普段椅子には座らないからそう感じるのかな。なんだか落ち着かなくて足を組んでしまったよ。

次は、こちらを見に行きたいな。

帰りにペットショップへ行き、おまけにつられました。もう一種類のも欲しいんだけど、4kgもいらないよ・・・
c0102374_315149.jpg
三月が長毛になったらきっと、こんな感じだろう。もっとハンサムだけど。おまけ対象商品が4つしかないのが気に入らないが、猫達も今ひとつ気に入らない様子。とほほほほ・・・・・

僕は美味しいのが食べたいですよ 僕もー アレ、僕、嫌いー
c0102374_3392965.jpg
身体にはいいんだからさ・・・・
スイマセン
[PR]
by robano-ana | 2007-09-29 03:49 | 雑記

おとなになれたかしら

こういう大人になりたいな、という事柄は色々あったのだが、その内の一つが叶えられたようです。

魚肉ソーセージのフィルムにくっ付いたソーセージを歯でこそげない大人になる。

この夢が叶えられました。

生協の共同購入限定(確か)の “COOP 南極オキアミ入り4本ソーセージ” のパッケージフィルムの素材が変わったらしく、フィルムにギョニソがくっ付きません!!
大変に画期的な事件です。
今までの物はこう、微妙にたくさんギョニソがくっ付く事があって前歯でこそげて食べていたんですね、ワタシ。だって、もったいないじゃないですか、くっ付いちゃったってだけで捨ててしまうのは。
ビンボ臭くてイヤだなーなんて思いながらも、止められない。

それがですよ!フィルムにくっ付かない!!つるんとむける!!!

この調子で今度はアイスクリームがくっ付かないカップアイスの蓋が開発されれば良いなぁと思っております。

みっともなくって、僕は見てられませんよ。
c0102374_13343040.jpg
ギョニソについてはもう、大丈夫ですよ。
[PR]
by robano-ana | 2007-09-27 13:45 | 雑記

どうでもいいことです

ネームカードではアクセス解析が出来る。
そのエキサイトブログの項目で毎日のアクセス数を知る事ができる。

9月22日のアクセス数が飛んでいるんですけれど?

何ででしょうね?

他の人たちはどうなんでしょうね?

どうでもいいことですけどね。

ファイターズもコンサドーレも負けましてね。
相方も帰宅中で、生煮え気分ですの。
ところで、このワープロソフト、学習機能は付いていないのか?使い難いっちゅーの。


※26日追記
復活しました。誕生日なんて来なければいいというワタクシの願いが反映されたのかと一瞬思ったのですが、そんな事があるはずないDaethね。
[PR]
by robano-ana | 2007-09-24 04:26 | 雑記

ほんにんだけがたのしくてもなぁ

月イチで行っている習い事。
もう、10年になるのだが私とちょうど一回り年齢が上にもかかわらず、アニメ話バリバリのお姉さまがいる。

今日も帰り道すがら、アニメ話に花が咲いたのだが、おばちゃん達の結論。

餅は餅屋に任せよ。

話題作りのためだけに声優の素人である俳優を使われるのは、もう、うんざりだ。
マスコミ向けの宣伝だけにはなるのだろうが、肝心の質の向上にはなんら寄与しないばかりか、質の低下をまねいているとしか思えない。

実力十分の声優さんもこんな事を言っている。

全ての俳優さんがダメだとは思わない。が、若いアンちゃんやネエチャンが売り出し中だったり露出があるからと言うだけで、主役級に配役されては、見る前からもう気分は萎え萎え。本人的にも辛かろう。いや、こちらの作品に抜擢されたの母親は、この作品に出られた事で初めて、彼の仕事を認めてやる、と言ったそうだから、いいのか。いいのか?

ハリウッド俳優がアニメーションの声を当てた事から、その流れが日本にもやって来ているという事なのだろうが、アメリカには、そもそも声優と言う職業がない。声の俳優=声優というプロフェッショナルがいるのは日本だけだと言う話も聴いたことがある。やるべき人材がいないのだから、俳優が声を当てるという事にもさほど違和感はないのかもしれない。(それに、ハリウッドのビッグネームが出演するのだから、彼らが引き立たないような失敗を製作側がするはずがない(黒笑))
しかし、日本には長い時間研鑽を積んだプロの声優がいるのだ。何故、彼らを使わずブズの素人を使うのか、全く理解に苦しむ所だ。
監督も、納得しているのだろうか。

ぼくは敷物のある所にしか座りませんよ。
c0102374_3183768.jpg
だらかって、それでいいのですか?
[PR]
by robano-ana | 2007-09-19 02:59 | 雑記

すべてのはじまりはきみ

ところで、驢馬さんちのニャンズってどんな生い立ちなんですか?いつか知りたい・・・ウフフ・・

と言うお申し出をこちらの方から受けましたので、うちに来た順番で書いて行こうと思います。

というコトで、まずは君だ!
一月の何を書くのかしら?
c0102374_445639.jpg


彼女との出会いは、かれこれ16年前だ。
あの頃は、今の住まいよりも2ブロックはなれたアパートで相方と二人で住んでいた。
窓の向こうにはいかにも、と言う感じに古びた猫屋敷があって、その家の床下からたくさんの猫や子猫たちが出入りしており、ブロック塀やこちらの駐車場でのんびりしたりしていて、よく、その姿を眺めていたものだ。

その日は、確か10月25日、矢野顕子のドキュメント映画を見に行った夜だった。
階下まで降りてゆくと、どこやらか猫の声が聞こえてくる。
あのアパートは入口がスイングドアで、猫が自力で開けられる物ではない。おそらく、昼間にドアが開いている時に入り込んで、出られなくなったらしい。
相方と二人で、「猫が鳴いてるねー」 なんて言いながら、時間が迫っていたのでそのまま出掛けて行ったのだ。肝心の映画は、小さな箱だったので定員オーバーであえなく見られず。帰りに、バーで軽く一杯飲んで帰ったら、まだ、猫の声がする。

そのときに初めて、ちょっと、どんな猫がいるのか見てみようと言う気になったのだ。(驢馬の実家は食品を扱う仕事をしている為、犬、猫との同居は絶対に無理だったので、犬、猫との同居に対する憧れは、実は、人よりも強い。)
そこにいたのは、
子猫だ!!!!
年の頃はちょうど、3、4ヶ月と言ったところか。今の一月だって、16歳とは思えぬ美しさ、愛らしさだが、その頃の一月の可愛らしさと言ったらもう、どんな言葉を持ってしても言い尽くせない。
まぁ、荒木飛呂彦風に心を打ち抜かれて、魂を引っこ抜かれたと思ってもらって間違いない。
こんなところに子猫!? ああ、とりあえず、猫には牛乳だよね、と近所のスーパーへ牛乳を買いに。
咽喉をごろごろ言わせながら飲んでるしー!!!
こ、これは・・・
拉致っちゃおぅ!!

という事で、現在に至っております。

拉致したその晩は、三人、川の字になって、一月は驢馬の腕枕で寝たのだが、彼女はずーーーーーっとごろごろ言っていたのだ。それが一つ、大~きくため息をついて、コトン、と眠ってしまったのだ。
本に書いてあった通りだ!!!
そのときの感動は、鳥頭の驢馬でも今でもはっきり覚えている。
その10分後には、彼女の激しい激しいお布団アタックに悲鳴を上げる事になるのだが、今となってはとても懐かしい思い出だ。
一月も余程嬉しかったのか、その晩以来、驢馬が布団へ行くと毎晩必ず自発的に一緒に寝ようと来てくれる。その事がどれ程驢馬の心の支えになっている事か。

今になって思うと、随分とひどい事をしたな、と思うことも多々ある。よくまぁ、ひねくれもせずに育ってくれたと、何度思い返してみても、一月ってスゴイ、と思うのだ。

これからも、ずーっとずーっとよろしくお願いします。
驢馬ちゃんにしては、随分とよく覚えているのね。
c0102374_462862.jpg

ええ、それはもう、初体験てんこ盛りでしたから。

今でもそのアパートの前は良く通る。そんな時、たまに、幼い一月との日々が思い出される。あのブロック塀の隙間から小さい一月が出て来やしないか、そんな錯覚にとらわれる一瞬もある。
16年前のあの日から、全てが始まったのだ。
みんな、一月のおかげである。
[PR]
by robano-ana | 2007-09-15 04:06 |

そこについているものはかざりですか

今日は午後から一日中、アベシ辞任の話で終始しましたね。
アベシ本人は何もしないうちに、周りの失敗でどんどん足元が崩れて持ち堪えられなくなった感じで、気の毒と言えば、気の毒か。
でも、まあ、どうしてこの人このタイミングで言うんだろう、とか、しないんだろう、とか、するんだろう、とか。こういう事ばかりでやる事なす事、ここまでちぐはぐな人も珍しい。
辞める理由にしても、健康上の問題ならそういえばいいだけの話で 「あの人が会ってくれないから」 なんて、耳を疑うわ。一応、先進国と言われている国の首相の辞任理由としてはあんまりではないか?

耳を疑うと言えば、大相撲の取材パスをボッシュート
これも、ナニを言っているのか一瞬分からなかった。
一晩で返却されたが、それでも制限付きだ。
身体はでかいが、ケツの穴はちっさいのね、といった所か。

公金横領の話も、驢馬の同級生も辞めていなければ、その組織の一員だ。この県だけではなく、日本中で行われているそうだ。
上京する日に新千歳空港で、偶然会ったときの彼の不安そうな顔が目に浮かぶ。「お前、寂しくないか?」 と声を掛けてきたのだ。陽気で人気者だった彼。
彼も、そんな事をさせられているのだろうか。
かわいそうに。

ワルイやつは僕がやっつける!!
c0102374_2344341.jpg

お願いしますよ、ホント・・・
久々に朝からテレビを見てたら、こんな話ばっかりでウンザリ・・・
やっぱり午前中ってキライ。
[PR]
by robano-ana | 2007-09-13 02:20 | 映像

はんだんみすがいのちとり

日ハム vs ロッテ戦
途中まで見ていて、負けていたので、久々にこんな番組を見てしまった。

セギノールの
逆転3ランホームラン
見逃しました。


あー!!!!!
オレの馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿!!!!!

あんなおばはんの番組なんか見るんじゃなかった。
あまりの傍若無人ぶりがイヤになって見なくなったのに、どうしてこんな日に限って見てしまったのか。

なでしこジャパンはあれよあれよと逆転されたのを試合終了間際、本当のぎりぎりで引き分けに。
オシムジャパンは、これも後半になって今までとは打って変わった積極的な攻撃でスイスを撃破。バックパスなんかしていたら勝てないという事に、ようやく気付き始めたか。

何にしても。
選手の皆。怪我をしないように。悔いのないように。

頑張れ。
[PR]
by robano-ana | 2007-09-12 05:44 | スポーツ

もうね、おなかいっぱいなの

相方、無事帰京。
とは言っても、12日にはまた出張で来るのだが。どの道飲み会もあるだろうから、晩飯不要との事。B&Bか、と言ったら苦笑い。
B&Bで、漫才師コンビが浮かんだ人は驢馬と同世代。たぶん。

日曜日には “さっぽろオータムスイーツファンタジー” なるイベントへ。
札幌市内の11店舗と神戸の8店舗が大通り2丁目に大集合、美味しいお菓子を楽しんでね。という、楽しげなイベントだ。

2時過ぎに言ったら、札幌側のケーキは6割がたが売り切れに。
しかも、結構な行列だ。
並ばせるのならば、全ケーキの写真が載ったメニュー表を作って待っている間に選んでもらい、それをどんどん売り場へオーダーを出せばいいのだ。いわゆる、マクド方式。
企画自体はとても好感の持てるものだが、運営がまだこなれ感がない。イメージイラストと実際の現場とのスペース感(空間認識)も少し開きがあるのも気になるかな。
何度か繰り返しやっていくと、ノウハウも蓄積するだろうから、そこに期待、かな。
あと、洋菓子ばかりではなく、和菓子もあるといいな。

イベントとは直接関係無いが、驢馬たちに対応してくれたお姉ちゃんの脇下が、相方の一週間分の無精ひげと同じ位の伸び具合に、一瞬目が釘付け。
えっ?!あっ!そんなんでいいの?
いやー お出かけって勉強になるっす。

イートスペースでケーキを頂いた後、相方とは一時別行動。

驢馬は知り合いのビーズ作家さんの展示会へ。以前に買ったイヤリングを片方無くしてしまったので、再作成してもらえるか頼んで、ついでにリングを一個購入。生徒さん達の合作展なのだが、驢馬が購入するのはいつも決まった生徒さんの作品との事。
う、気付かなかった。驢馬が買うのはフリーハンドの作品。驢馬自身では作れないものだ。言われてみて納得。
どれもこれも、大事なお気に入りなのだ。

その後、スーツ屋で合流。新作皮ジャケットをチェックし、向かいの古着屋もついでにチェック。
冬用の皮ジャケットは普通、皮の本身とキルティング等の防寒用内身との二重構造が多いのだが、そのスーツ屋の皮ジャケット4作は全部、皮と内張りが一体化。
これでは、東北、北海道以南の地域では暑すぎるのでは?
デザイン的にはとても気に入った物もあるのだが、東京では着る時期がとっても限られそうで却下。
残念。

帰宅後は驢馬の実家から送られた、海栗を一人一折頂き、至福の一時。
今朝は、相方が昼の飛行機で帰るのでブランチに毛蟹を一人一匹。
いやいや、ろくでもない娘を持った親は、いつまで~~も苦労すると言ういい見本だな。こりゃ。

おかあさん、すまんすまん。でも、自社製品をスペーサー代わりに使うのはどうかと思うぞ。
[PR]
by robano-ana | 2007-09-10 20:31 | 雑記

あいかたきたくちゅう

なのだが、今日は飲み会へ。
やれやれ。

6日・木曜日の夕方便で帰ってくるというのに、ちょうど台風真っ只中。
羽田の発着便情報を見ても、軒並み欠航。
大丈夫か?とメールを入れると、札幌に来ているという。

??????

ま、札幌に来られているならいいや、と思い、待っていたが待てど暮らせど帰ってこない。
メールをしても返事が無い。
帰ってきたのは、日付の変わる頃。
お使い扱いで早い便で来札して、会社で仕事、そのまま飲んできたのだと言う。

ふ~~~~~~~~ん。

翌日。
定期検診で病院へ。
待てど暮らせど帰ってこない。
晩御飯が終わる頃になって、入院仲間の人とお茶して帰るから、少し遅くなると言う。
晩御飯はウチで食べたいから、作れ、と言う。

ふ~~~~~~~~ん。

少しというのは、何時を基準にして、どの位を少しというのかね?

まったくねぇ。少し早め(ここ重要)30秒の電話連絡で、相手を不愉快にさせずにすむと思うのだが、そうは思ってないようで。まぁ、驢馬自身も不愉快さを表に出さずに迎え入れるから、不愉快に感じているとは思っていないのか。だとしたら、オレの演技力もなかなかのものか。確かに、年季は入っているがな。

それとも、同居人への扱いは、どこもこういうものなのか。

地雷原作成を覚悟で、一度、言わねばならないのか。
オレ次第だな。
[PR]
by robano-ana | 2007-09-08 18:34 | 雑記