思ったことを記して行きたいと思います。コメントが多いと嬉しいです。お気軽にどうぞ。
by robano-ana
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お気に入りブログ
独りでいと。
拝啓 旦那様
ナニモナイケド
 下衆牢愚
ラグドールmoumou+...
きょうのわたくし
ブログ安三(ヤンツー)
魁!腹筋塾!
-Sun&Moon Blog-
すみやのひとり言・・・
あぁ、新婚生活
猫パンチドランカー
3×3  ~3匹と3人の生活~
ルーマニアへ行こう! L...
くま夫婦 by中央ヤンボル
*レンタルボックスまるや...
がんばる猫
スタジオハルク 跡地
TAM'S Stitch...
夢の猫ふうせん
胡桃の椅子       ...
奥様よりちょときれい! ...
続・まりおの部屋
ジーナにまたたび
おまけ猫たちとの日常
愛しいネコ・愛しいヒト
祈りよ届け 願いよ叶え
hand works.雑記帳
petit clos プ...
ANOTHER DAY,...
モロッコで猫三昧
au bon gout/...
札幌日和下駄
うれしいの素
早起き・・・なのに午前様
時間と風景の中で
スタンプづくり ...
猫じゃないかも
典型的なB型社長日記“バ...
Lokinikki ~フ...
布箱マルシェ
White Vanilla
White Pigeon...
兵庫のおじさん 愛のブラ...
CROSS SKETCH
活版工房
つまみ細工鶫屋(つぐみや...
ベランダ砂漠園芸
kukka tatting
ombre et lum...
清水惠都子*北欧の刺繍T...
ICIRI・PICIRI...
My style ハンドメイド
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
楽しい?
♪ お気に入り ♪
カテゴリ
全体

雑記
手の物
映像
動物
スポーツ
タグ
ライフログ





以前の記事
2012年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ペット戦争だ!
from 魁!腹筋塾!
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
from スタジオハルク
貴婦人のように
from ナニモナイケド
ANA
from いま話題の検索語とは?
寒い冬の夜には
from Long after Mid..
『くま夫婦』書店オフ
from べくとる
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイド
猫
画像一覧

カテゴリ:動物( 2 )

しぜんがあんしん

12日は札幌市民講座で、動物救急病院の先生の講演を聴きにいった。

一番良かったのは、てんかん発作の映像を見られた事。
ブログランキングでも、てんかん発作を持っている猫ちゃんと暮らしている方のブログがあって、大変だし、心配だよなぁ~~ と、のんきに思っていたけれど。実際の発作の様子を見せられると、知らないと本当にビックリするだろうし、こちらもパニックになってしまうかも。
原因は脳の異常興奮で、その根本原因は脳腫瘍の事もあるし、そうでない事もあってはっきりした事はまだ、解らないらしい。
難儀な事だ。
健康に何の問題も無い事が当然、と思いがちだけれど、絶対にそんな事は無いのだ。


あと、猫はあまり関係ないと思うけれど、犬に関して新事実。

ブドウは
食べさせない方が安心。


重篤な中毒症状を引き起こすらしいですよ!
考えてみれば、犬の歴史の中でブドウを食べる事が自然な事ではないと思う。
色々な食物アレルギーもあると効くし、その動物にとって、不自然な食物は与えないのが安全・安心なのかな。
[PR]
by robano-ana | 2009-10-14 21:55 | 動物

ただひとつねがうはきみたちのしあわせ

今日は何年ぶりかで円山動物園へ。

前日の天気予報では午後から雨。

まぁ、ダメならそれまで。と思っていたら、一日中良い天気。

久々の動物園は、コンビニや小じゃれた感じの飲食店が出来ていたり、職員さんたちが作ったと思しき動物達の解説や、密輸された動物達が何故、ここ(円山動物園)にいるのかの解説文があったりと大いに旭山動物園を意識したと思われる工夫が随所に見られた。

顔出し写真パネルもあったりして。

動物達の様子は、驢馬の拙い文章を読むよりも実際に動物園へ行って動物達の様子を見るのが最もいいと思う。

ただ、猫と一緒に暮らしているのでやはり、猫科の動物達への思い入れと感受性が自分で思っているよりも強くなっているらしい。
それに、ライオンのペアに子供が2匹もいるのだ。外では子供達が木切れで遊ぶし、もぐもぐタイムではトラ、ライオン、ヒョウ、ユキヒョウ、サーバルキャットそれぞれが思い思いにニワトリをバリバリやりだすのだ。
もう、張り付いてガン見する以外にナニをしろ、と言うのだ。

ライオンが左右それぞれの棚に陣取り、子供達を見守る、その満ち足りた幸福感。
18歳にもなるヒョウの年齢に見合わないしなやかさと美しさ。
サーバルキャットのやや憂いを感じさせるその顔立ちとスポット模様の美しさ。
かたや、4歳のユキヒョウ男子のまだまだ遊びたい盛りのはつらつさ、同い年の女子の愛らしさ。素晴らしく長く太く美しいあの尻尾。 ああ、その尻尾でオレの頬をしばいてくれぃ
トラの男子の格好良さ。女子のやはり愛らしさと美しさ。
このペア達に子供が出来たらどんなにか人気者になるだろう。

あの子達に年に数回でもいいから、冷たくなったニワトリではなく、暖かい血の通った獲物を与えてやったらどんなにか無聊の慰めになるだろう。

動物園に遊園地を併設するのはもう、今の時節には合わなくなっているのではないかといつも思う。あまり人の来ない遊園地など撤去してしまって、横浜ズーラシアのように、そこで暮らしている動物達が皆、もっと広い土の上で暮らせたらどんなにいいだろう。動物園の予算は全て、そこで暮らしている動物達のためだけに使うようになって欲しいと思うのだ。(勿論、遊具がある以上、メンテナンスは一番大事だとは思うが。)

動物園はお荷物ではなくて、とても楽しくてお金になる施設だという事を旭山動物園が証明してくれたのだから、円山動物園も負けずにそこで暮らしている動物達がもっと幸せに暮らせるような施設になって行ってくれたらいいな、と、強く思ったのだ。
職員さんたちの努力は本当に認めるけれど、残念な事に施設の老朽化は努力の範疇を超えるし、主がいなくなって、草がぼうぼうになった檻は物悲しい気持ちになる。

爬虫類飼育においても、世界的にも目覚しい実績を残している円山動物園。
年次計画を立てて、どんどん変わっていくらしい。
どうか、動物達がもっと幸せに暮らせる施設になっていって欲しいな、と思ったのだった。

次回は、クマ、ラクダ、オオカミ達も見に行かねば。
9月下旬の北海道。いかに日中の気温が高くとも、夕方3時を回るとTシャツ+長袖シャツでは寒いのだ。しかも明日からは一気に寒くなるとか。見た目年齢不詳の夫婦と言えども実態は四十路の初老二人。身体が冷え切る前の中途撤収となったのだ。




え?
写真?
冒頭でも書いたじゃないですか。実際に行って見るのが一番だって。









ええ、そうですよ。
また、カメラを持つのを忘れましたよ。

困った時の一月頼みじゃいけませんか。
お名前通りの驢馬ちゃんってコトね。
c0102374_423798.jpg
次回、がんばります・・・・
[PR]
by robano-ana | 2008-09-24 04:22 | 動物