思ったことを記して行きたいと思います。コメントが多いと嬉しいです。お気軽にどうぞ。
by robano-ana
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お気に入りブログ
独りでいと。
拝啓 旦那様
ナニモナイケド
 下衆牢愚
ラグドールmoumou+...
きょうのわたくし
ブログ安三(ヤンツー)
魁!腹筋塾!
-Sun&Moon Blog-
すみやのひとり言・・・
あぁ、新婚生活
猫パンチドランカー
3×3  ~3匹と3人の生活~
ルーマニアへ行こう! L...
くま夫婦 by中央ヤンボル
*レンタルボックスまるや...
がんばる猫
スタジオハルク 跡地
TAM'S Stitch...
夢の猫ふうせん
胡桃の椅子       ...
奥様よりちょときれい! ...
続・まりおの部屋
ジーナにまたたび
おまけ猫たちとの日常
愛しいネコ・愛しいヒト
祈りよ届け 願いよ叶え
hand works.雑記帳
petit clos プ...
ANOTHER DAY,...
モロッコで猫三昧
au bon gout/...
札幌日和下駄
うれしいの素
早起き・・・なのに午前様
時間と風景の中で
スタンプづくり ...
猫じゃないかも
典型的なB型社長日記“バ...
Lokinikki ~フ...
布箱マルシェ
White Vanilla
White Pigeon...
兵庫のおじさん 愛のブラ...
CROSS SKETCH
活版工房
つまみ細工鶫屋(つぐみや...
ベランダ砂漠園芸
kukka tatting
ombre et lum...
第15回北欧の刺繍スコー...
ICIRI・PICIRI...
My style ハンドメイド
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
楽しい?
♪ お気に入り ♪
カテゴリ
全体

雑記
手の物
映像
動物
スポーツ
タグ
ライフログ





以前の記事
2012年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...
最新のトラックバック
ペット戦争だ!
from 魁!腹筋塾!
薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
from スタジオハルク
貴婦人のように
from ナニモナイケド
ANA
from いま話題の検索語とは?
寒い冬の夜には
from Long after Mid..
『くま夫婦』書店オフ
from べくとる
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイド
猫
画像一覧

はなみずるおくがた

今日は久々に鼻水大解放日。
10秒おきに洟をかむ羽目に。
やってられないので、とりあえず鼻水止めを一錠飲んでみるが効き目なし。
仕方が無いのでもう一錠追加した。

やっとすっきりしたが、今度は少し効き過ぎたようで鼻の通りが異常に良くて、少しのどが渇く。

アレルギー系の薬は全般に効きが良いのでありがたいのだが、一度、間違って倍量を飲んだ事があって、それ以来、少しコワイな、とも思っているのだ。
驢馬家では置き薬のお世話になっているのだが、当初の薬は一回二錠。それが変更になって新しい薬は一回一錠になったのだが、それに気付かず二錠を飲んだのだ。
クシャミ・鼻水はバッキリと止まったのだが、口の中がヤニヤニして異常にのどが乾く。それに、なんだかくらくらふわふわする。
何だろう?と思い、薬の箱を確認すると “一回大人一錠” と書いてある。
なんだよ、それ・・・

時間の経過とともに副作用も薄れて行ったのだが、確認は大事だという事を再認識させられたのだった。

皆さんも、新しい薬を服用するときは説明書きを一読しておいて損は無いと思いますよ。

昨日、郵便局へ行った帰りにスーパーで買い物。
今日の晩飯のメインは
c0102374_122463.jpg
豚の角煮。
ただ、茹でてしょうゆダレで煮込むだけでこんなに美味いものが食べられるのだから、なんて素晴らしいんだろう。
同居し始めた頃は、も少し丁寧に作っていたのだが。





作り方。
大き目のブロックに切った豚ばら肉をフライパンで焼き色が付くまで焼く。
火が入ると3~4割縮むので、あくまでも大きめに。
(驢馬は油が苦手なので、ここで油を出し切る勢いで焼き付ける。各人、好みの焼き加減でやってくれ。出て来た油は純粋ラードなので、炒め物に使っても美味い。大蒜スライスと一緒に炒めると大蒜風味ラードの出来上がりだ。)
このフライパンに大根を投入し炒めた物を、豚ばらと一緒にしょうゆダレで煮込んでも美味い。

最低二時間とろ火で茹でる。
生姜のスライス最低5枚は必須。

ネギの青い所やつぶした大蒜があれば更に素晴らしい。
茹で汁でナニかしてやろうという野心のある人は、各自、好みの味付けをしてくれたまえ。
今回は、生姜スライス、紹興酒、しょうゆ、みりん、塩を薄く色づく程度に投入した。ここでは薄味鉄則。

しょうゆダレで一時間とろ火で煮込む。
今回はしょうゆ、みりん、蜂蜜、根昆布を投入。しょうゆ、みりんはほぼ同量。それぞれ鍋に5~6㎜程度。はちみつは大匙約三杯程度。根昆布はあったから入れたまでで、無かったら無いで結構。(ある家の方が珍しいか)かぶる程度に水を入れ、煮込む。お守りにキッチンペーパーに適宜切れ込みを入れ、落し蓋代わりとする。
途中、水気がなくなったら差し水をする。

要するに、ひたすらとろ火で煮込むだけの料理なのだ。
圧力釜や、シャトルシェフなんていう優れものがあればもっと時間短縮・ガス代節約も出来るだろう。
かなり久々に作ったが、余分な脂分が抜けてトロリとした食感だけが残った、大変満足できる一品になった。

アレ?オレってば、料理上手?

の気分を味わえるので、お試しあれ。
会社から帰って寝るまでに下茹で。翌日に味付けの二段構えで作るといいのかもしれない。
茹で汁で作るスープも美味いから、捨てたらダメだよ。
あっ、かき玉汁にすれば良かった。
[PR]
by robano-ana | 2008-04-04 02:08 | 雑記